ゴムタイムス70周年の画像

ブリヂストン DJSIワールドの構成銘柄に初めて選定

2016年09月26日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは9月26日、世界的に権威のある社会的責任投資(SRI)指標の一つ「ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・ワールド・インデックス」(DJSIワールド)の構成銘柄に、同社として初めて選定されたと発表した。

 DJSIは、S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ社とロベコサム社が提携して開発した株式指標。毎年世界の大手企業約2500社を対象に経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価して数値化し、業種別の評価結果上位約10%をDJSIワールドに選定する。

 今年のDJSIワールド選定企業は316社で、ブリヂストンは自動車及び自動車部品部門で選定された。また、同部門のタイヤメーカーの中では最高得点を獲得した。

 ブリヂストンはDJSI対象企業のうち、アジア・大洋州地域の中で評価が高い企業で構成される「ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」(DJSIアジア・パシフィック)に、2010年から7年連続で選定されている。

 これに加えて、今回初めて「DJSIワールド」に選定された理由として、同社では環境面と経済面の2つの面での取り組みが高く評価されたものと考えている。

 環境面では、DJSIワールドに選定された自動車部品部門の中で最高得点を獲得し、特に「気候変動戦略」と「環境報告」に関する取り組みでは満点の評価を得た。

 同社グループでは2050年を見据えた「環境長期目標」を掲げ、グループ全体で事業と環境の両立を目指している。その中で「CO2を減らす」活動に取り組んでおり、20年に向けた中期目標を掲げ、商品・サービスとモノづくりの両面で確実に削減を進めている。

 今年はこうした持続可能な社会の実現に向けた同社グループの姿勢や活動を、ステークホルダーにより分かりやすく伝えるため「サステイナビリティ・レポート」を発行した。

 こうした情報開示強化の取り組みが評価につながったとしている。

 一方、経済面の取り組みでは、DJSIワールドに選定された自動車部品部門の中で「イノベーションマネジメント」に関する取り組みで最も高い評価を得た。

 同社グループは、次世代の低燃費タイヤ技術「オロジック」の実用化や、単なる製品単体の販売に留まらないソリューションビジネスを展開することで、顧客価値の最大化に努めてきた。

 このような技術・ビジネスモデルのイノベーションを推進してきたことが、高く評価されたと見ている。