【TPE特集】日本ゼオン 水島でSIS6万t体制完了

2016年09月23日

ゴムタイムス社

非対称SIS構造 日本ゼオン化成品事業部は、モノマーの抽出から自社技術で行うC5留分の総合利用として、石油樹脂「クイントン」、およびスチレン系熱可塑性エラストマー(SIS)「クインタック」をグローバルに展開している。同社は7月に水島工場でSISの能増工事を完了し、6万t体制に移行したところだ。

 「すでに生産は、当初の予定通りに立ち上がっており、今期はフル生産したものをフル販売できると見込んでいる」(長谷部宏化成品事業部販売2グループ長)

 SISは北米・欧州が最大のマーケットで、同社が生産するSISの85%以上が輸出されている。主な用途

全文:約996文字

【TPE特集】日本ゼオン 水島でSIS6万t体制完了

キーワード: ·