【TPE特集】三井化学 北米での新設プラント視野

2016年09月26日

ゴムタイムス社

  三井化学の機能性コンパウンド事業部ではオレフィン系熱可塑性エラストマー(TPV)「ミラストマー®」のグローバルな需要拡大に対応するため、国内外で生産能力の増強を進めている。

 国内では同社100%出資の「サンアロイ」(本社・工場:千葉県袖ケ浦市)に、ミラストマー生産設備1系列(年産能力5000t)の増設を行う計画で2017年2月に着工し、6月に完成、営業運転開始は10月を予定している。

 国内子会社の「サンアロイ」千葉工場では「アドマー®」を含む熱可塑性エラストマーの生産能力6万tのうち

全文:約1036文字

【TPE特集】三井化学 北米での新設プラント視野

キーワード: ·