取材メモ 落語ブームを肌で感じる

2016年11月28日

ゴムタイムス社

 最近、落語がブームなのだという。実力・人気を兼ね備えた若手落語家が増えたことで、テレビ番組や雑誌等で落語が取り上げられている他、都内で開かれる落語会の数も急増している。中には、若手落語家を追いかける若い女性もいるそうだ。

 そうした中、東部ゴム商組共済組合が主催する「東部ゴム商組共済会寄席」を観覧する機会を得た。同寄席は東部ゴム商組共済会の団体定期保険加入促進の一環として行われている。今年は10月27日に255名、28日に275名の計530名の観覧者が鈴本演芸場に来場し

全文:約452文字

関連キーワード: ·