住友ゴム 2016年度入社式を開催

2016年04月01日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は2016年度入社式を開催した。

 新入社員に対する池田育嗣社長のあいさつは以下の通り。

 昨年は長期計画「VISION 2020」の中間目標年度でした。グループ一丸となって頑張りましたが、新興国経済の成長鈍化などもあり、2015年目標の達成には至りませんでした。一方で、グッドイヤー社とのアライアンス解消により、新たな挑戦に舵をきったシンボリックな年となりました。本年は2015年中期計画の初年度として極めて重要な年となります。皆さんには、一日も早く成長し、「VISION 2020」達成の大きな力になってくれることを心から期待しています。本日は、皆さんにお願いしたい4つの心構えをお話しします。

1 基本をしっかりと身につけて、成長の基盤を固めよう

 入社したばかりの皆さんは会社に染まっていないので、業務のルールや基本を知り、吸収する絶好のチャンスです。留意すべきことは「なぜそのようなルール、基本になっているのだろう」と考え、ルールや基本ができた過程や背景まで含めて理解する、ということです。こうした基本をきちんと理解してさえいれば、どんな変化にも対応できますし、変化をチャンスへと変えていくことができるはずです。

2 縦と横のつながりを大切にしよう

 住友ゴムグループの一員として、物おじすることなく、どんどん多くの人と知り合い、連携、協力していってほしいと思います。そうすることによって、皆さんが困難に直面した時に、部門の先輩や上司との縦のつながりにおいて課題を解決していくことができ、違った環境で仕事をしている横のつながりの仲間がさらにアイデアの幅を広げ、課題解決の突破口を見つけてくれるのではないかと思います。

3 社会の幸せのために、自らも夢を持ち、その実現に向けて挑戦しよう

 当社グループは、低燃費タイヤといった環境に優しいタイヤカテゴリーを早くから実用化し、世に送り出してきました。是非、皆さんも当社グループの一員として、夢を持ち、「次の世界初、日本初は自分が作り、社会に貢献するんだ」という気概をもって、その実現に向けて、どんどんチャレンジしてください。

4 住友の事業精神である信用と確実を常に意識しよう

 当社グループは不正やごまかしをせず、法律を遵守することはもとより、環境への配慮や地域社会との共存など、広く企業の社会的責任を十分認識して行動していきます。私たちが大事にしている価値観を表した「住友ゴムWAY」の4つの価値観のなかでも、第一にあげられているのは「信用と確実」です。皆さんも、この「信用と確実」を常に意識して行動してください。

 最後に、会社の枠に閉じこもることなく、広く「真のグローバルプレイヤー」として自らを高める努力を忘れないでください。皆さんの若さ、明るさ、活気溢れるエネルギー、斬新なアイデアに期待しています。

関連キーワード: ·