【東京モーターサイクルショー】ブリヂストン バイクライフの「ワクワク」感提供

2016年03月30日

ゴムタイムス社

 国内最大級のモーターサイクルのイベント「第42回東京モーターサイクルショー」が3月25~27日に東京・有明の東京ビッグサイトで開催された。主催は東京モーターサイクルショー協会。国内外のオートバイメーカーやパーツ・アクセサリーメーカーなど121社・団体が出展し、過去最高となる13万2575人が来場した。

ブリヂストン

 ブリヂストンは「一人ひとりのバイクライフを支える」をテーマに、プレミアム商品の「バトラックス」の世界観を演出し、ユーザーのバイクライフでの「ワクワク」を体感してもらえるようなブースとなっていた。

バトラックス・ハイパースポーツS21

バトラックス・ハイパースポーツS21

 展示したのは、新製品の「バトラックス・ハイパースポーツS21」をはじめ「バトラックス・レーシング・ストリートRS10」「バトラックス・スポーツ・ツーリングT30エボ」「バトラックス・アドベンチャーA40」など、スポーツ、レース、ツーリング、アドベンチャーといったユーザーの多様なバイクライフに合わせた商品群。

バトラックス・ハイパースポーツS21を装着したスズキ「隼」

バトラックス・ハイパースポーツS21を装着したスズキ「隼」

 また、同社タイヤを装着して「全日本ロード選手権JSB1000クラス」でシリーズチャンピオンとなった「2015年型ヤマハ―R1」や、展示商品を装着したスズキ、カワサキ、ホンダ、BMWの各車両の紹介も行った。

バトラックス・アドベンチャーA40

バトラックス・アドベンチャーA40

 さらに、バトラックス・ハイパースポーツS21に活用された技術「アルティメット・アイ」を伝える体感什器の設置、二輪タイヤの接地面の重要性を伝えるブースコンテンツも展示した。

体の傾斜とタイヤの接地面を体感できる什器

体の傾斜とタイヤの接地面を体感できる什器

 なお、特設ステージでは、元ホンダワークスライダーでジャーナリストの宮城光氏や現役のライダーが、二輪の様々な楽しみ方に応じたテーマ設定でトークショーを行い、多様なバイクライフを提案する情報を発信していた。

全文:約691文字