ゴムタイムス70周年の画像

独ランクセス JEC2016で熱可塑性コンポジットシートを展示

2016年03月03日

ゴムタイムス社

 独ランクセスは3月2日、同社グループ傘下のボンドラミネーツ社が、フランス・パリで8~10日に開催される欧州複合材料展「JEC2016」で、連続繊維で強化された熱可塑性コンポジットシート「テペックス」製品群の新しい用途を紹介すると発表した。

 大量生産での部品の機械的・工学的性能に関して、テペックス半仕上げコンポジットがもたらす利点と、テペックスがハイブリッド成形で、いかにデザインの自由度を広げるかを、サンプル製品で紹介。さらに、ハイブリッド成形によるコスト効率の高い量産の構造部品の例として、ドイツのスポーツ車に使用された耐衝突性シートシェルと、スキーのビンディングを展示する予定だ。

 このコンポジットは、特に半仕上げ製品の成形と射出成形を組み合わせるハイブリッド成形に適している。射出成形金型内で、自動化されたワンショット工程により、成形とオーバーモルドが行えるため、製造工程を短縮することができる。さらに、予備成形設備が不要なことから、投資コストも削減が可能だ。

 その結果、再加工が不要で、固定やガイドなどの機能が直接統合された、品質の再現性に優れた精密3次元部品となる。製造工程のサイクルタイムは現在60秒以下であるため、複雑な部品もコスト効率良く、大量生産を実現する。

 ボンドラミネーツ社はブリロン拠点で、完全自動化されたハイブリッド成形によるテペックス加工用の実証セルを設置しており、これを使用して量産可能な試作品の開発で顧客をサポートする。

 ボンドラミネーツ社はまた、ハイブリッド成形工程の全段階をシミュレーションすることもできる。ドレーピングシミュレーションで成形された半仕上げ製品の局所的な繊維配向をはじめ、部品の機械的特性を正確に計算できることから、負荷に応じて部品を的確にデザインすることが可能だ。

 テペックス半仕上げコンポジットを使ったハイブリッド成形は、フロントエンドやブレーキペダル、シートシェルなど、目につかない構造部品の製造だけでなく、電子用途のカバー部品、スポーツ用品コンポーネントなど、外観が重要な意匠用途向けにも効果的。可変金型温度制御によって、厳しい要求に対応する表面品質を実現する。

関連キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー