ニッタ 足圧分布測定器「フットビューSAM」を発売

2016年02月02日

ゴムタイムス社

 ニッタは2月1日、足圧分布測定器「フットビューシリーズ」の新機種として、「フットビューSAM」の発売を開始すると発表した。

 同社では、顧客のニーズに合わせた多彩な機能・形状の超薄型センサユニットを開発してきた。なかでも足圧の分布測定については、「フットビュー」シリーズを展開し、医療機関を中心に幅広いユーザーに愛用されている。

 今回、整形外科手術及び理学・作業療法の前後の評価、歯科治療の前後の調査、高齢者の転倒リスク判定などの際に、「より一層患者に治療内容・治療効果を理解してもらえるようにしたい」、「予防医療に活用したい」という要望に対応し、従来の「フットビュー」シリーズの主要機能に加え、立位時の重心の動揺を高度に分析・評価できる新機能『SAM(Sway Analysis Module)』を搭載した「フットビューSAM」を開発した。

 特長は、軽量、薄型のセンサユニットで、歩行・立位時の足圧分布をPC画面にリアルタイム表示する点、直観的で使いやすいソフトウェアで、足圧分布、左右前後バランス、重心位置の記録評価が可能な点、足圧重心の解析を可能とする『SAM』機能を搭載した点、圧力分布データとWebカメラによるビデオデータの同時測定が可能な点(オプション)、機能を大幅に向上させながらも、価格は従来機種と同水準に据え置きとした点など。

 センサユニットのサイズは幅554mm×奥行630mm×高さ15mm(突起部含まず)。ケーブルの長さは2・7m。重量は5kg。分解能は8ビット。サンプリング速度はウォーキング測定モード、バランス測定モードが40Hz、動揺測定モードが30Hz。対応OSはWindows7/8/8・1/10(32/64ビット版)。販売価格は79万8000円(税抜)。受注開始は2月1日。

 また、従来機種「フットビュー」及び「フットビュークリニック」を利用しているユーザーには、新機種「フットビューSAM」へのお得なヴァージョンアッププランを用意している。なお、同新機種の発売に伴い、従来機種は販売を終了する。

関連キーワード: ·