横浜ゴム 高温耐熱性コンベヤベルトを発売

2015年12月25日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは12月24日、コンベヤベルトの接合作業で時間短縮、少人数化、コスト削減が期待できる金具接合に対応した高温耐熱性コンベヤベルト「高温耐熱性MJ(メタル・ジョイント)帆布ベルト」を10月から発売したと発表した。

 高温耐熱性コンベヤベルトはこれまで、熱加硫接合に対応した商品を製鉄所やセメント工場などに納入してきた。北米を中心に金具接合のニーズが高いことから、海外でのニーズに対応した新商品を開発しグローバルに展開する。

 同社の高温耐熱性コンベヤベルトは、高温のコークスや焼結製品など最高400℃の運搬物まで対応できる。これまで同社では、接合部の耐久性や運転時の機械への負荷が小さい熱加硫接合を推奨してきたが、コンベヤベルト交換時の接合作業に長時間運搬ラインを停止する必要があった。一方、金具接合はそれよりも短時間で作業が完了するものの、接合部が金具によってせん断しやすいといった問題があった。そこで同社は、コンベヤベルトの強度、性能特性に大きな影響を与える心体層の帆布に技術改良を施し、金具によるせん断を抑制した。

 横浜ゴムは日本と中国にコンベヤベルト専門工場を保有し、石炭や鉱石などの資源開発用としてこれまで北米、中南米、豪州、中国などにコンベヤベルトを数多く納入し高い信頼を獲得している。今後もユーザーの様々なニーズに応えた商品開発を進め、新規ユーザー開拓を図っていく方針。

関連キーワード: ·