日本ミシュラン 新社長にポール・ペリニオ氏が就任

2015年10月30日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは10月30日、11月1日をもって現専務執行役ポール・ペリニオ氏が同社代表取締役社長に就任すると発表した。

 なお、現代表取締役社長であるベルナール・デルマス氏は11月1日付で代表取締役会長に就任する。

 ポール・ペリニオ氏は1971年フランス クレテイユ市生まれの44歳。

 1993年にフランスのビジネススクールを卒業、1994年にフランスのレンヌ第一大学日仏経営大学院ディプロマ取得、1995年に日本ミシュランタイヤのトラック・バスマーケティング部に配属、1999年に英国ミシュランのアカウントマネージャーに就任、2000年にアイルランドミシュランのリージョナルセールスマネージャーに就任、2001年に英国ミシュランのリージョナルマネージャーに就任、2002年にフランス本社のITプロジェクトマネージャーに就任、2004年に日本ミシュランタイヤのPCLT事業部マーケティングマネージャーに就任、2008年に日本ミシュランタイヤのPCLT事業部コマーシャルディレクターに就任、2012年にベネルクスミシュランの代表取締役社長に就任、2015年に日本ミシュランタイヤの代表取締役社長に就任。

関連キーワード: ·