ゴムタイムス70周年の画像

横浜ゴム チェルシーFCロゴ入りのタイヤを発売

2015年10月29日

ゴムタイムス社

 横浜ゴムは10月29日、今年7月から開始したバークレイズ・プレミアリーグ「チェルシーFC」とのパートナーシップ契約を記念し、タイヤサイドにチェルシーFCロゴを刻印した「ブルーアース―A チェルシーFCエディション」を同日より日本や欧州、アジア、南米などで順次限定販売すると発表した。

 タイヤサイズは225/45R17・94W、205/55R16・91V、195/65R15・91Hの3サイズ。日本では10月29日から11月30日の期間限定で、同社系列のタイヤショップ「タイヤガーデン」「グランドスラム」で注文を受け付ける。価格はオープン。

 パートナーシップ記念タイヤ「ブルーアース―A チェルシーFCエディション」はハイパフォーマンス低燃費タイヤ「ブルーアース―A」をベースに開発。タイヤのサイドデザインを変更し同社とチェルシーFCのパートナーシップを最大限にアピールするようそれぞれのロゴを大きく均等に配置している。タイヤの性能はベースとなる「ブルーアース―A」と同様、優れた低燃費性能と運動性能を両立しており、国内タイヤラベリング制度では転がり抵抗は「A」、ウェットグリップ性能は最高グレードの「a」を獲得している。

 同社はタイヤ販売拡大に向けて全世界で「ヨコハマタイヤ」の認知度を向上するため、今年2月、世界中に数多くのファンを持つチェルシーFCと5年間に渡るパートナーシップ契約を結んだ。現在開催中のバークレイズ・プレミアリーグでプレイする選手のユニフォームには「YOKOHAMA TYRES」のロゴが表示されている。

関連キーワード: ·