2012年1-9月のゴムロール生産実績 総合計で7・3%減

2012年11月20日

ゴムタイムス社

 日本ゴム工業会・ロール部会の2012年1―9月計のゴム・樹脂ロール生産実績によると、ゴムロール、合成樹脂ロールの合計生産実績は、総合計で2874㌧、前年同期比7・3%減となった。このうちゴムロールは2607㌧、同7・2%減、合成樹脂ロールは267㌧、同12・6%減。
 用途別では、全体の28・9%を占める製鉄用ではゴムロールが660㌧で同4・8%減、合成樹脂ロールは132㌧で同8・0%減、合計では791㌧、同5・3%減。全体の14・1%となっている製紙用では、ゴムロールが298㌧で同3・5%減、合成樹脂ロールは102㌧、同17・4%減、合計は400㌧、同7・5%減。全体の36・0%となる印刷用では、ゴムロールは1009㌧、同6・0%減、合成樹脂ロールは9トン、同5・0%減、合計が1018㌧で同6・0%減となった。その他用では、ゴムロールが640㌧、同12・9%減、合成樹脂ロールが24トン、17・7%減、合計は664㌧で13・1%減となった。

 

2012年1-9月のゴムロール生産

関連キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー