住友ゴムのタイヤ安全点検 整備不良が26・9%

2021年11月25日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は11月24日、定期的なタイヤ点検の啓発のために25回目となる「ダンロップ全国タイヤ安全点検」を、10月8日から10月24日に全国のタイヤセレクト各店舗で実施したと発表した。点検の結果、整備不良が26・9%の割合で確認され、パンクの原因となる「表面の損傷」が最も多く、中でもタイヤの溝のひび割れが目立った。

 同社のタイヤ点検は、タイヤに起因する事故の未然防止を目的に、装着されているタイヤの残溝、表面の損傷、空気圧などの点検を行うもので、2008年から継続して実施されている。今回は計1145台の車両のタイヤを点検した結果、タイヤの整備不良率は26・9%だった。不良別では、表面の損傷が15・9%、空気圧の過不足が12・7%、残溝不足が6・0%、偏摩耗が4・0%と続いた(各不良率は重複を含む)。最も不良率の高かった表面の損傷は、昨年10月の結果と比較しても5・4ポイント増加している。

 今回の点検では、プロの点検に加え、Ridge―i(リッジアイ)協力のもと、開発した同社としては初めてとなるAIタイヤ点検ツールを導入した。AIという新しさから点検に興味を持つ利用者も多く、撮影した画像を見ながら点検結果の説明を受けられることで、「言葉で説明してもらうよりも分かりやすい」「納得感が得られた」などの声が上がっていた。

 ダンロップでは、ブランドメッセージ「事故のない毎日をつくりたい。」のもと、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指すとしている。

 

AIタイヤ点検の様子

AIタイヤ点検の様子