日産GT―Rに新車装着 住友ゴムのSPスポーツ

2021年11月22日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は11月18日、10月に販売を開始した日産自動車の「NISSAN GT―R」「NISSAN GT―R NISMO」2022年モデルの新車装着用タイヤとして、ダンロップの高性能ランフラットタイヤ「SPスポーツマックスGT600 DSST」の納入を開始したと発表した。

 「SPスポーツマックスGT600 DSST」は、スーパースポーツカーである「NISSAN GT―R」の性能を最大限に発揮させるタイヤとして開発された。最先端のランフラットタイヤ技術を投入し、高いスポーツ性能を誇るタイヤとして、2011年モデル以降全ての年次モデルに装着されており、「NISSAN GT―R」の開発を足元から支えている。 また、2022年モデルから黒色デザイン技術「ナノブラック」を採用し、より存在感のあるロゴを表現、演出し、空気抵抗低減にも貢献している。

 「NISSAN GT―R」2022年モデルは、「良いモノをより良くする」という、どこまでも理想を求めて深化を続ける日産の想いを体現したモデルとなっている。また、更なる進化を遂げた究極の走りを追求したモデルとして、特別仕様車「NISSAN GT―R Premium edition T―spec」と「NISSAN GT―R Track edition engineered by NISMO T―sp」が設定されている。これらの車両に装着されるタイヤは前モデル用に引き続き、全ての速度域において高い路面追従性、走行時の安定感を発揮するとともに上質な乗り心地を追及している。タイヤサイズはフロントが255・40ZRF20(101Y)XL、リアが285・35ZRF20(104Y)XL。

 「NISSAN GT-R NISMO」は、日産ワークスNISMOがこれまでに培ってきた最先端のレーシングテクノロジーを惜しみなく投入することで、「走る」「止まる」「曲がる」の能力を徹底して高め、その圧倒的なパフォーマンスを実現している。今回、NISMOモデルに装着される専用タイヤは前モデル用に引き続き、同社独自のハイグリップゴムを採用し、全ての速度域において高い路面追従性、走行時の安定感、コーナリング性能を発揮できる仕様となっている。タイヤサイズはフロントが255・40ZRF20(101Y)XL、リアが285・35ZRF20(104Y)XL。

 

SPスポーツマックスGT600 DSST

SPスポーツマックスGT600 DSST

SPスポーツマックスGT600 DSST ロゴ

SPスポーツマックスGT600 DSST ロゴ

「Nano Black」を採用したダンロップロゴ

「Nano Black」を採用したダンロップロゴ