住友ゴム、シルバー認定取得 PRIDE指標2021

2021年11月22日

ゴムタイムス社

 住友ゴム工業は11月16日、企業・団体におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティ(LGBT)への取り組みの評価指標「PRIDE指標2021」において「シルバー」認定を取得したと発表した。

 同社はOur Philosophy(企業理念)を体現するために、ダイバーシティ&インクルージョンを経営上の重点課題と位置付けている。多様な価値観・経験・属性を尊重し、成長し続けるために多くの施策を実施する中、LGBTへの取り組みとして昨年からPRIDE指標に沿った施策を開始し、今年、初申請にて「シルバー」認定を取得した。

 同社の主な取り組みとして、動画による全社配信、グループ会社含む人事総務担当者向けセミナーの実施、全役員・管理職向け講演会の実施といった啓発活動や、LGBTをテーマとした社外イベントへの参加の呼び掛けなどが挙げられる。

 同社は、働き方改革、ダイバーシティ&インクルージョンの推進のため、2019年2月に人事総務部・人材開発部内にプロジェクトを立ち上げた。多様な人材が輝ける風土を醸成し、業務効率化推進により時間を生み出しイノベーションを創出することで、全従業員の幸せと企業価値向上へとつなげていくとしている。

 

「PRIDE指標」でシルバー認定取得

「PRIDE指標」でシルバー認定取得

同社D&I情報発信キャラクター「チャボ」

同社D&I情報発信キャラクター「チャボ」