ランクセスのHPM事業部 法的に独立した新組織に移行

2021年11月18日

ゴムタイムス社

 独ランクセスは11月15日、同社のハイパフォーマンスマテリアルズ(HPM)ビジネスユニットを法的に独立した新組織に移行すると発表した。

 HPMは高性能プラスチックの主要サプライヤーの一つで、高性能プラスチックは、主に自動車、電気・電子産業で使用されている。特にエレクトロモビリティは、同社のプラスチックにとって今後ますます有望な用途分野であり、主に自動車の筐体、バッテリーハウジング、充電インフラに使用されている。

 同社の経営委員会メンバーであるフーベルト・フィンク氏は、「新しいモビリティの世界市場は、非常にダイナミックに発展しており、戦略的に再編成され、多くの革新的な提携やパートナーシップを生み出している。この市場での成長機会を最大限に活用し、柔軟に対応できるように、我々は同ビジネスユニットのために法的に独立した新組織を作っていく」と述べている。

 同社は、2022年前半より新組織への移行を順次開始する予定としている。

 HPMビジネスユニットの製品ポートフォリオには、エンジニアリングプラスチックのポリアミド、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、および連続繊維強化熱可塑性プラスチック複合素材が含まれている。同ビジネスユニットの特徴として、生産工程の後方統合が進んでいることが挙げられる。

 従業員数は約1900名で、世界各地の14拠点で活動している。売上高は一桁台前半の10億ユーロ規模となっている。

 

HPM事業部を法的に独立した新組織に移行

HPM事業部を法的に独立した新組織に移行

関連キーワード: ·