ニュースの焦点 抗菌・抗ウィルス製品の開発相次ぐ

2021年11月01日

ゴムタイムス社

 抗菌や抗ウィルスをキーワードにした製品開発に注力するゴム関連企業が増えている。既存製品をベースに抗菌や抗ウィルス加工を施した新製品を開発したり、大学などと協働して製品開発を目指す取り組みも始まる。
 例えば、家庭用手袋では、エステーが今年9月、独自の新技術「抗ウイルス加工」を施した「ファミリープレミアムプロテクトビニール中厚手」を発売。オカモトもウイルスの低減効果を確認した「カシニーナうす手・中厚手」を9月に発売した。
 一方、三福工業は10月に新製品「抗菌性マスターバッチ

全文:約690文字