物流環境大賞特別賞を受賞 三井化学、旭化成らと合同で

2021年06月23日

ゴムタイムス社

 三井化学は6月22日、日本物流団体連合会主催の「第22回物流環境大賞」において、旭化成、山九と合同で「特別賞」を受賞したと発表した。

 同社は、旭化成、山九と3社合同で、千葉県と広島県、山口県間の長距離輸送モードをトラックから船舶へ切り替えること(モーダルシフト)を開始した。山九の定期内航コンテナ船と海上コンテナを活用し、往路は三井化学が、復路は旭化成がラウンド・ユースしている。

 物流環境において、輸送時のCO2排出量削減や長距離トラックのドライバー不足解消は大きな課題となる。同取り組みによりCO2排出量を4割削減し、またドライバーの拘束時間を8割削減した。さらに、今回、サイドオープン型コンテナを採用することで、スロープの有無にかかわらず、積み下ろし倉庫の選択が拡がり、積み下ろし作業上の安全性と効率性が向上した。これらは、同社が賛同している「ホワイト物流」推進運動にも貢献する。

 同社はこれからも、他企業との協働を拡大し、物流環境変化に柔軟に対応できる強靭なサプライチェーンを追求していくとしている。

 

定期内航コンテナ船

定期内航コンテナ船

 

関連キーワード: ··