ゴム・ビニール手袋特集 使い切り手袋の販売急増 需給ひっ迫で価格高騰

2021年05月10日

ゴムタイムス社

 新型コロナウイルスが世界各国で猛威を振るうなか、使い切り(ディスポ)手袋の需要が急拡大している。新型コロナウィルス感染予防対策として、医療現場や食品工場など様々なシーンで使い切り手袋を装着するケースが増えているためで、使い切り手袋は世界各国で争奪戦が起きている。

 日本グローブ工業会が発表した20年度(1~12月)の手袋の国内販売実績(会員各社16社の合計値)をみると、家庭用手袋の販売数量は前年比5・9%増

全文:約1323文字

ゴム・ビニール手袋特集 使い切り手袋の販売急増 需給ひっ迫で価格高騰

キーワード: ··

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー