搬送ベルト特集 フォルボ・ジークリング・ジャパン 中食向けの搬送ベルトは好調続く HACCP対応強化をさらに図る

2021年04月12日

ゴムタイムス社

 フォルボ・ジークリング・ジャパン(東京都品川区、佐藤守社長)の20年12月期のベルト製品の売上は予算比約8・7%減となった。製品別では、主力の搬送・加工工程用ベルト「トランジロン」と伝動・駆動用平ベルト「エクストレマルタス」は売上を落とす一方、プラスチックモジュラーベルト「プロリンク」は食品や物流を中心に売上が好調で、予算比で10%以上の伸びとなった。

 用途別では、食品分野は、コロナ禍における緊急事態宣言の発令を受け、外食やお土産産業への販売は落ち込んだものの、巣ごもり需要の拡大からコンビニを中心とする中食(内食)向けの販売は好調に推移した。
 物流分野では、eコマースを中心とする配送セン

Prosan(横溝パターン)

Prosan(横溝パターン)

全文:約1085文字

搬送ベルト特集 フォルボ・ジークリング・ジャパン 中食向けの搬送ベルトは好調続く HACCP対応強化をさらに図る

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー