ゴム・樹脂ホース特集 タイガースポリマー  土木・建築や半導体向けで拡販図る 食品関連向けも製品訴求に努める

2021年03月22日

ゴムタイムス社

 タイガースポリマー(大阪府豊中市、渡辺健太郎社長)のホース事業の20年度は、下半期売上(20年10~21年1月時点)は前年を若干下回る水準で推移している。一方、新型コロナウイルス感染拡大に伴い企業の設備投資意欲が停滞した影響で、上半期売上(20年4~9月)が落ち込んだことから、「20年度通期は1桁後半のマイナスで着地する」(同社)とみている。

 分野別に見ると、産業用では工場設備向けは前年を下回る。ただし、半導体関連向けは回復基調が鮮明だ。製品では、半導体製造設備関連の空調機器に用いられる耐熱ダクトホースが回復傾向である。

 土木・建築用関連では、デリ

タイパワー使用例

タイパワー使用例

全文:約1074文字

ゴム・樹脂ホース特集 タイガースポリマー  土木・建築や半導体向けで拡販図る 食品関連向けも製品訴求に努める

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー