アフターコロナ ゴム・プラスチック技術者の働き方

2021年03月02日

ゴムタイムス社

*この記事はゴム・プラスチックの技術専門季刊誌「ポリマーTECH」に掲載されました。
*記事で使用している図・表はPDFで確認できます。

特集2 アフターコロナ コロナ禍における技術・開発者の働き方

ゴム・プラスチック技術者の働き方

 ポリマーTECHでは、ゴム・プラスチック関連技術者を対象に「アフターコロナ ゴム・プラスチック技術・開発者の働き方」と題したアンケートを実施した。同調査は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、ゴム・プラスチック業界における技術者の働き方や開発内容にどのような変化があったのかを調べるため、ポリマーTECH購読者や弊社ゴム技術セミナー参加者を対象に、WEBアンケートを通じて実施した。同調査によると、ゴム・プラスチック関連技術者の6割以上がテレワークを実施し、コロナ収束後には業務の見直しが必要との回答が3割超となるなど、アフターコロナ後を見据えた技術者の実態が浮き彫りになった。

勤務体系
勤務体系に変化があった企業は半数以上に

Q コロナであなたの労働時間はどのように変化しましたか

 「コロナであなたの労働時間はどのように変化しましたか」との問いに対しては、50・0%が「特に変化なし」と回答した。次いで「やや減少した」が37・5%、「減少した」が12・5%となり、特に変化なしと労働時間が減少したとの回答がともに半数という結果になった。

Q コロナであなたの勤務体系に変化はあったか

 「コロナであなたの勤務体系に変化はあったか」との問いに対しては、「時差出勤」が36・4%と最も多く、次いで「テレワーク」「特に変化なし」が27・3%と続いた。時差出勤、テレワークを含めると、半数以上の企業に勤務体系に変化があったことが明らかになった。

Q あなたが所属する部署はテレワークを実施しましたか

 さらに、「あなたが所属する部署はテレワークを実施しましたか」との問いに対しては、「実施した」が62・5%となり、部署単位では、テレワークを実施している企業が多いことが実態として把握できた。

Q コロナであなたの働き方にどのような課題があると感じましたか

 一方、「コロナであなたの働き方にどのような課題があると感じましたか」との問いに対しては、「職場に行かないと閲覧できない資料・データのネット上での共有化」「押印の廃止や決裁手続きのデジタル化」がそれぞれ20・0%となり、テレワークを効率的に進める環境の整備がまだ不完全であること、会社や取引先の対応が積極的でないことが読み取ることができた。

Q コロナ前とコロナ後の働き方について満足しているか

 また、「コロナ前とコロナ後の働き方について満足しているか」の問いに対しては、「どちらともいえない」が最も多く62・5%となった。「コロナ後の方がやや満足」「コロナ後の方が満足」の回答を合わせると25%となり、「コロナ前の方が満足」(12・5%)という回答を上回る結果となったが、まだコロナ後の

全文:約2086文字

関連キーワード:

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー