射出成形機大型機を販売開始 宇部興産の「HH」シリーズ

2020年12月22日

ゴムタイムス社

 宇部興産は12月21日、同社グループにおける機械事業の中核会社・宇部興産機械が、電動トグル式射出成形機の「HH」(ダブルH)シリーズに型締力1300tサイズの大型機を開発し、販売開始したと発表した。

 これまでは中型機のみだったが、1000t以上の大型機へ展開することで、HHシリーズの優れた性能を幅広い顧客に提供することができるようになった。

 HHシリーズ(1300t)には、「業界最速のドライサイクル」「業界最小の機長」「可塑化性能の向上」「DIEPREST、AIRPRESTの進化(オプション)」「IoT対応のMAC―IX制御装置(オプション)」の5つの特長がある。

 HHシリーズは、宇部興産機械が2020年8月に吸収合併したU―MHIプラテック(旧三菱重工プラスチックテクノロジー)と共同開発し、2018年に販売開始した融合機で、型締力350tから850tまでの中型機6種類のラインアップだった。その後さらに技術開発を重ね、宇部興産機械が最も得意とする大型機にも展開した。自動車、二輪、家電、産業資材、住宅設備など、国内外の顧客の幅広いニーズに応えられる商品群がそろったことで、同社は顧客の生産活動により一層貢献することができるとしている。

 

射出成形機「HHシリーズ」の大型機

射出成形機「HHシリーズ」の大型機

 

関連キーワード: ··