ゴム・ビニール手袋特集 使い切り手袋の需要が急増 コロナで衛生意識さらに高まる

2020年11月16日

ゴムタイムス社

 ゴム・ビニール手袋は、家庭用を始め、作業用、医療用などの用途があり、メーカー各社は様々な使用シーンに応じて、機能やデザインを追求した製品づくりに取り組んでいる。
◆家庭用手袋
 日本グローブ工業会の統計によると、2019年度の家庭用手袋は合計8974万9000双で前年比3・7%減と2年ぶりのマイナスを記録した。ただ、コロナ感染拡大により、消費者の衛生意識が高まるなか、コロナ感染防止対策として一般家庭でも使い切り(ディスポタイプ)手袋を中心に利用が伸びている。また、「ステイホームにより掃除

全文:約1183文字

ゴム・ビニール手袋特集 使い切り手袋の需要が急増 コロナで衛生意識さらに高まる

キーワード: ··

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー