使い切り手袋の新工場建設 ショーワグローブが香川に

2020年10月13日

ゴムタイムス社

 産業用や家庭用手袋などを手掛ける手袋専業メーカーのショーワグローブ(兵庫県姫路市、近藤修司社長)はこのほど、香川県坂出市の「番の州臨海工業団地」に医療用や食品産業用の合成ゴム製の使い切り手袋の工場を建設すると発表した。
 建設着工時期は来年5月頃を予定しており、2023年春に稼働を開始する。

 使い切り手袋は、医療用、食品事業用、産業用、一般家庭用など幅広い用途に使用されており、市場は近年急成長している。ただ、使いきり手袋の供給はほぼ全量をアセアン地域などの海外に頼っているのが実情となっている。

 また、今回のコロナ禍において、安全保護具(PPE)として医療機関をはじめと