PCR検査キットを発売 カネカ、1h以内の判定可能

2020年10月09日

ゴムタイムス社

 カネカは10月8日、新型コロナウイルスを1時間以内に検出可能なRT―qPCRキット(製品名「KANEKA Direct RT―qPCR Kit『SARS-CoV-2』)を、10月7日より医療機関および検査施設向けに販売開始したと発表した。希望小売価格11万円(検査100回分)で、グループ会社であるカネカメディックスが販売する。

 同製品は、同社が取り組んできた遺伝子検査関連製品などの技術を活かして開発した、独自の検体処理技術を採用している。通常は必要とされる唾液や鼻咽頭ぬぐい液から採取した検体からのウイルスRNA精製工程が不要であり、熱処理だけで前処理工程が完了する。これにより従来法では約1時間を要していた前処理工程をおよそ5分に短縮することで、PCR検査全体の所要時間を従来の2~3時間から大幅に短縮し、1時間以内の判定が可能となった。

 製品評価についてはAVSSと共同で、国立感染症研究所の基準に則って実施している。

 同製品は、厚生労働省の「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019―nCoV遺伝子検査方法について」に掲載されており、行政検査および公的医療保険の適用対象になる。今後、医薬品医療機器等法に基づく体外診断用医薬品として承認取得を目指す計画となっている。

 同社は新型コロナウイルスを始めとする感染症対策の研究開発を進める「インフェクション研究チーム」を立ち上げ、同製品の他、DNAワクチンの中間体製造、「アビガン」の原薬供給、ベルギーでのPCR検査試薬供給など、新型コロナウイルス問題の課題解決に向けて幅広く取り組んでいる。今後も同社の持つさまざまな技術を結集し、感染症対策に必要なソリューションを提供していくとしている。

 

RT―qPCRキット

RT―qPCRキット