リアルとデジタル融合で技術革新 ブリヂストンが中長期事業説明会

2020年09月17日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは9月15日、中長期事業戦略進捗説明会をオンラインで開催し、石橋秀一代表執行役GlobalCEO、坂野真人執行役専務GlobalCTOが出席した。
 石橋CEOは「2050年サステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している会社へ」というビジョンを掲げていることを紹介し、坂野執行役専務は技術イノベーションの考え方や取り組みについて説明した。

 同社は、会見の会場となったブリヂストン技術センターや東京工場が位置する東京都小平市の拠点を再開発し、新たな技術イノベーション拠点として誕生する「Bridgestone Innovation Park」を開設する。新拠点の第1期の総投資額は約300億円に及ぶ。今後の計画として、技術ショールーム「Bridgestone Innovation Gallery」は2020年11月に一般公開を予定しているほか、2021年以降にイノベーションセンターの「BーInnovation」、ミニテストコースの「BーMobility」を開設していく。同社はブリヂストンイノベーションパークを技術イノベーション連携の中核となるCoE(Center of Excellence)として強化していく方針だ。

 

全文:約1412文字