NEDOの委託事業に採択 宇部興産、産官学で連携

2020年09月10日

ゴムタイムス社

 宇部興産は9月9日、東北大学、産業技術総合研究所、同社、恵和興業、東西化学産業、東ソー、凸版印刷、三菱エンジニアリングプラスチックスが、共同で新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」における「廃プラスチックを効率的に化学品原料として活用するためのケミカルリサイクル技術の開発」委託事業の公募に対し、「多層プラスチックフィルムの液相ハイブリッドリサイクル技術の開発」を提案し、採択されたと発表した。同事業の委託期間は2020年6月から2021年3月まで。

 採択された技術は、包装・容器に多く使用されている多層プラスチックを高温高圧水中で処理することにより、特定のプラスチック成分のみを原料にまで分解して、得られた原料と単離されたプラスチックの双方を再利用するもの。同技術は、食品等で汚染されたプラスチックごみをそのまま処理できる可能性を有しており、一般ごみのリサイクル率向上に寄与することが期待される。

 同社は今回の事業採択を受け、産官学で連携してプラスチックの分解条件の探索と連続処理プロセスの開発を進めることでプロセスの高効率化を図るとともに、社会実装を見据え、対象となる廃棄物の調査と処理プロセス適用時のLCA(ライフサイクルアセスメント)評価を行っていくとしている。

関連キーワード: ·