フェイスシールドを寄贈 三井・ダウポリケミカル

2020年09月10日

ゴムタイムス社

 三井化学は9月8日、同社と米国ダウ・ケミカル社の50対50のジョイントベンチャーである三井・ダウポリケミカルが、ハイミラン樹脂でフェイスシールドを製作し、順次、地元自治体、医療機関、学校などへ寄贈したと発表した。

 寄贈先は、広島県庁、大竹市役所(広島県)、市原市役所(千葉県)、日本赤十字社(東京都支部)、三井記念病院(東京都)、千葉労災看護学校、東京都立港特別支援学校、市原市学友協会合唱団。8カ所の寄贈先に、計7000個のハイミラン製フェイスシールドを寄贈した。

 

市原市役所に寄贈(右が小出市長)

市原市役所に寄贈(右が小出市長)

大竹市役所に寄贈(右が入山市長)

大竹市役所に寄贈(右が入山市長)