三菱ケミカルが業務提携 循環型経済の推進加速

2020年08月24日

ゴムタイムス社

 三菱ケミカルは8月20日、サーキュラーエコノミー(循環型経済)推進に向けた取り組みの一環として、産業廃棄物を回収処理し再資源化する事業を行うリファインバースと資本業務提携することを発表した。同日付でリファインバースが行う第三社割当増資に応じるとともに、業務委託契約を締結した。

 同社は、リファインバースと資本業務提携することにより、リファインバースが持つ産業廃棄物全般のノウハウと同社の技術及び知見を融合させ、廃棄物の適切なリサイクルや有効利用を促進する。また、これまで分断されがちであった素材産業とリサイクル産業が連携することで、同社製品の最終処分方法に対する理解を深め、環境により優しい素材設計に活かしていく。

 同社は、三菱ケミカルホールディングスグループが掲げる中長期経営基本戦略「KAITEKI Vision30」のもと、サーキュラーエコノミーの推進をKAITEKI実現のキーエレメントと位置付けており、使用済み製品等のリサイクルはその重要な取り組みの一つと考えている。

 リファインバースグループは、建築系廃棄物処理の収集運搬業を主とした事業を起点に、廃棄物処理から樹脂製造までの一貫した体制を築き、様々な再生資源の提供を行っている。

 同社は、サーキュラーエコノミーに関するソリューションの提案と事業化を推進するため、4月1日付で「サーキュラーエコノミー推進部」を設置した。今後も同部署を中心として、地域や事業部門の枠を超え、取引先、アカデミアやスタートアップ等との連携を積極的に進めながら、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。