ウレタン系熱可塑性エラストマー(TPU)|その他プラスチック

2020年08月11日

ゴムタイムス社

【開発経緯概略】
TPUは、分子内に部分架橋を有する不完全熱可塑性タイプと線状の高分子の完全熱可塑性タイプがある。これらは、次の三つに大別できる。
●カプロラクトン型:カプロラクトンを開環して得られるポリカプロラクトンポリオールにポリイソシアネートを付加重合したタイプ。
●アジピン酸型(アジペート型):アジピン酸とグリコールとのポリアジピン酸エステルポリオールにポリイソシアネートを付加重合したタイプ。
●PTMG型(エーテル型):テトラヒドロフランを開環重合し得られたポリテトラメチレングリコ一ル(PTMG)にポリイソシアネートを付加重合したタイプ。

【性質、加工、その特徴】
① 柔軟性、反発弾性に富み、耐摩耗性、機械的強度に優れる。
② 耐油性、耐ガソリン性が良好であり、低温特性に優れる。
③ 耐候性、耐オゾン性が優れる。
④ 消音効果、防振効果が大きい。
⑤ 成形時の熱安定性が良く、再生使用が可能である。

【新製品への応用と主な用途】
▼自動車
▽ブーツ類、ショックアブソーバ、パネル、パッキン類、スノーチェーンなど
▼家電・弱電
▽電線ケーブル被覆など
▼工業部品
▽ホース、チューブ、ベルト、ギア類、フィルムなど
▼土木・建材
▽シート、フィルムなど
▼スポーツ用品・日用品雑貨
▽シューズ用ソール、時計バンド、スキーブーツなど
▼医療・ヘルスケア
▽コンドームなど
▼その他
▽樹脂(PVC、ABS、POMなど)改質材、不織布、手袋などのコーティング

全文:約655文字

関連キーワード: