塩ビ系熱可塑性エラストマー(TPVC)|その他プラスチック

2020年08月11日

ゴムタイムス社

【開発経緯概略】
TPVCは、分子中のハードセグメントとしてポリ塩化ビニル(PVC)を、ソフトセグメントとして部分架橋型NBRなどのゴムを用いてアロイ化したブレンド型TPEである。

【性質、加工、その特徴】
① セット、熱変形が小さい。
② 反発弾性が大きい。
③ 屈曲疲労強度が優れている。
④ 耐摩耗性が優れている。
⑤ 着色が自由で透明製品もつくることができる。
⑥ 耐オゾンが優れている。
⑦ 押出成形加工性、射出成形加工性に優れている。
⑧ TPEとして、押出成形で光沢のある製品ができる。

【新製品への応用と主な用途】
▼自動車
▽ウェザーストリップ、パッキング類、ブーツ類、ダクトカバー、表皮材、モールなど
▼家電・弱電
▽電線ケーブル被覆材、ホース、パイプ、プロテクタ、パッキング、ガスケット、カールコードなど
▼工業部品
▽ダクトホース、サクションホース、ガーデンホースなど
▼土木・建材
▽止水シート、シール、目地材、ガスケット類、マットなど
▼玩具類、文具類、置物、人形などの各種の小物製品、フィルムなど
▼医療・ヘルスケア
▽輸液バッグ、輸液チューブなど

全文:約506文字

関連キーワード: