ポリスチレン(PS)|汎用熱可塑性樹脂

2020年07月09日

ゴムタイムス社

【開発経緯概略】
スチレンの重合により非晶性で透明性の一般用ポリスチレン(PS-GP)が得られる。重合時に少量のポリブタジエンなどを加えて重合すると不透明の高衝撃ポリスチレン(PS-HI)が得られる。ドイツのBASF社で発明された。メタロセン触媒により、高融点で耐熱性・耐薬品性に優れたシンジオタクチックポリスチレン(SPS)が開発され、また近年では衝撃改良剤を工夫した透明性PS-HIも開発され、今後の展開が注目される。

【性質、加工、その特徴】
① 硬質で透明性に優れる。PS-GPの透明性はアクリル樹脂に及ばないが、良好な光線透過率を示す。
② 剛性に優れ、表面硬度も大きい。
③ 衝撃に弱いが、ゴムをブレンドすれば衝撃強度は上がるが一般的には透明性が無くなる。
④ 軟化温度が比較的低い。PSのTgは約110℃であり、荷重たわみ温度は、PS-GP(1.8MPa)は82℃で、PS-HIは75℃前後である。
⑤ 流動性、成形時の熱安定性が良好で、成形性に優れ、ポリマーの中でもっとも加工しやすいものと言われ、二次加工性も良好である。
⑥ 広い温度範囲・周波数範囲で電気的性質に優れる。とくに高周波数領域で極めて絶縁性が良い。また、誘電特性も優れている。
⑦ 無味、無臭、無毒である。
⑧ 酸、アルカリには耐えるが、非晶性のため、耐有機溶剤性、耐油性は悪い。
⑨ 燃えるとすすを出して燃え、独特の臭気を発する。
⑩ 比較的日光に弱く、紫外線劣化がある。
⑪ ゴム系、ドープ系の接着剤で良く接着する。

【新製品への応用と主な用途】

全文:約870文字