新スタッドレスタイヤを発売 ミシュラン X―ICEスノー

2020年07月10日

ゴムタイムス社

 日本ミシュランタイヤは6月30日、ウインターシーズンで優れたアイス性能と雪上性能を両立させ、ミシュラン・トータル・パフォーマンスを高い次元で具現化した新スタッドレスタイヤ「ミシュランX―ICEスノー」シリーズを8月11日より順次発売すると発表した。サイズは14インチから22インチの計84サイズ、価格はオープン。

 冬の路面はその時期や時間帯により大きな変化を見せる。日々の運転では慎重な運転が求められ、加えて、年末年始の帰省シーズンやレジャーシーンでの長距離運転では、時間帯や地域差も加わりさまざまな路面環境に遭遇することが少なくない。このような環境で使用される冬用タイヤには高い水準で幅広い性能が求められる。例えば滑りやすい凍結路面でのブレーキング性能や操縦安定性などのアイス性能はもちろんのこと、降雪時の雪上路面での駆動力や走破性、さらに融雪後のウェット路面や非降雪時におけるドライ路面でのグリップ性能などが求められる。

 同製品は日本の冬季路面を時期や地域、時間帯などあらゆる角度から分析し、想定されるすべての路面環境下において高いレベルの性能を発揮できるスタッドレスタイヤとして開発された。さらにその性能が装着初期だけにとどまらず、履き替え時までより長く続くようにコンパウンドや溝形状、サイプの深さや数などを全面改良し、安全性のみならず経済性にも貢献できるよう設計されている。

 冬季においても日々の生活やビジネス、レジャーで車での移動は欠かせない。それは「タイヤは道を選べない」ことを意味する。同社はユーザーの実体験に基づくあらゆるニーズに着目し、「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」の思想をより高機能で多機能なスタッドレスタイヤとして具現化させることで、ユーザー一人一人が求める「移動の目的」に貢献できるよう努めている。

ミシュラン X―ICEスノー

ミシュラン X―ICEスノー

関連キーワード: ·