経常は10期連続最高益 東京材料の20年3月期  

2020年06月30日

ゴムタイムス社

 東京材料の2020年3月期決算は、売上高が867億3300万円で前期比6・9%減、経常利益は26億300万円で同26・2%増、当期純利益は20億9900万円で同46・5%増となった。

 19年度は顧客満足の追求・グループ連携の強化、高付加価値商材の発掘・拡販、在庫圧縮・業務改革等による質の向上と事業拡大および経費削減に積極的に取り組んできた。しかし新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動への影響が深刻化するなど、先行き不透明な状況で推移した。

 その結果、売上高は上半期が438億円

 

 

 

 

 

全文:約876文字

関連キーワード: ·