ミシュラン、SBTiに承認 温室効果ガス削減目標で

2020年06月19日

ゴムタイムス社

 ミシュランは6月18日、同社の温室効果ガス(GHG)排出量削減目標が、SBTi(Science Based Targets Initiative)から承認されたと発表した。

 SBTiは、WWF(世界自然保護基金)、CDP(旧カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)、WRI(世界資源研究所)、国連グローバル・コンパクトによる共同イニシアティブで、参加企業のGHG排出削減目標が科学的な根拠と整合したものであることを認定する国際機関。気候変動による世界の気温上昇を産業革命前と比べ1・5度に抑えることを目的として、企業のGHG排出削減のための目標設定とその達成のための活動を奨励している。

 同社は2030年までに、自社所有の施設や設備から排出されるGHG(スコープ1)と他社から購入して使用するエネルギーや原材料が生産過程で排出するGHG(スコープ2)を2010年比で38%削減し、製品やサービスが排出するGHG(スコープ3)を2018年比で15%削減する。また、2050年までに自社排出のGHG(スコープ1、及び2)をゼロにすることを目指している。

 フロラン・メネゴー同社グループCEOは、「SBTiの承認は、ミシュランの環境戦略が適切であることの証明であると考えている。現在の気候変動危機は、すべての事業分野で環境保護のための活動や製品を強化する機会になるものであると確信している」と述べている。