新型コロナと戦う知財宣言 三菱ケミカルが参画発表

2020年05月26日

ゴムタイムス社

 三菱ケミカルは5月22日、新型コロナウイルス感染症対策の支援のため、「知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言」の趣旨に賛同し、参画したと発表した。

 同社はこの活動に賛同し、一定期間、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を唯一の目的とした行為に対しては対価や補償を求めることなく、同社が保有する特許権・実用新案権・意匠権・著作権の権利行使を行なわないことを宣言することとした。

 同宣言は、新型コロナウイルス感染症のまん延終結を目的とした開発、製造、販売等の行為に関しては、権利者が保有する特許権、実用新案権、意匠権、著作権の権利行使を行わないことを宣言するもの。これにより、同宣言の対象となる知的財産権に対する侵害調査やライセンスを受けるための交渉などを行う必要がなくなり、迅速かつ最善の開発および製造が可能となる。

 同社は今後も、政府の策定する行動計画に基づき必要な対策を実行するとともに、政府や業界団体をはじめとする関係者と連携を図りながら、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めていくとしている。

 

知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言

知的財産に関する新型コロナウイルス感染症対策支援宣言