BRのスペシャリティ化加速 宇部興産が経営概況説明

2020年05月21日

ゴムタイムス社

 宇部興産は5月20日、電話会議方式で経営概況説明会を開き、泉原雅人社長が業績と事業戦略を説明した。
 19年度は、中国経済の減速により製造業全般が不振だった影響などから減収減益となり、営業利益は340億円で前期比105億円減。期初計画は未達だったが、泉原社長は「2月に下方修正した公表値に対しては、営業利益が若干下振れしたが、経常利益、当期純利益はクリアした。新型コロナウイルスの影響は19年度は大きくなかった」と総括した。
 20年度は、新型コロナウイルスの影響として全社で約460億円の減収を予測。これを加味し、化学部門は売上高が2600億円で前期比260億円減、営業利益が145億円で同50億円減を見込む。
 21年度までの3ヵ年の中期経営計画については、足元の厳しい経営環境により19年度実績と20年度予想は計画値から大きく乖離し、計画達成は困難な状況だが、「大きな

全文:約1013文字

関連キーワード: ··