ニュースの焦点 新型コロナの業績への影響は

2020年05月25日

ゴムタイムス社

 合成ゴム2社が4月の決算説明会で新型コロナウイルスの影響に言及した。
 JSRは、業績予想に事業別の新型コロナウイルスの影響を織り込んだ。エラストマー事業と合成樹脂事業では上期にマイナス20%、下期にマイナス10%、半導体事業では通期でマイナス5%、ディスプレイ事業では通期でマイナス10%の影響を受けるという前提とした。エラストマー事業と合成樹脂事業への影響について、宮崎秀樹取締役常務執行役員は「自動車関連の需要の落ち込みと、顧客の稼働減少の影響を反映させた」と説明した。エラストマー事業は、今期の売上収益を前期比19%減と見込んでおり、ハンガリーのSSBR新プラントが一時停止となり商業生産の開始が下期にずれ込むなどの影響も出ている。
 日本ゼオンは、田中公章社長が新型コロナウイルスについて「19年度中の影響は

全文:約729文字