グループ企業3社を再編 ダイセル、7月1日付で

2020年05月18日

ゴムタイムス社

 ダイセルは5月14日、グループ企業を7月1日付で再編し、一部事業の所管を変更すると発表した。

 対象会社はダイセルファインケム、ダイセルポリマー、ダイセルバリューコーティングの3社。

 上記グループ企業3社の販売部門を、ダイセルファインケムを承継会社とした新会社「ダイセルミライズ」に統合する。ダイセルポリマーの製造部門をダイセルの「マルチプルプロダクションカンパニー」に移管し、ダイセルポリマーは消滅会社となる。また、ダイセルバリューコーティングは製造部門がダイセルの製造子会社となり、同社名で存続する。ダイセルバリューコーティングは、ダイセルの「マルチプルプロダクションカンパニー」の傘下で、品質やコストなど生産性のさらなる向上を目指す。

 また、上記グループ企業3社の事業のうち、ダイセルポリマーの自動車関連事業をダイセルの「セイフティSBU」に、ダイセルバリューコーティングの機能フィルム事業をダイセルの「スマートSBU」に、それぞれ所管変更する。当該事業の製造部門は、ダイセルの「マルチプルプロダクションカンパニー」に継承される。

 同社は4月1日付で「戦略的ビジネスユニット(SBU)」による事業体制に移行し、従来の技術・製品ベースの事業体制から、対象とする市場や顧客に主眼を置いた「マーケットイン」の体制をより強化した。今回のグループ企業再編も「マーケットイン」の考え方に立脚し、事業部門はマーケティング活動におけるシナジーを追求、生産部門は生産効率や品質、コストといった競争力を強化する。

 

新旧対照図

新旧対照図

 

関連キーワード: ·