マスク5500枚を寄贈 ダウがコロナ対策支援で

2020年05月15日

ゴムタイムス社

 ダウ・ケミカル日本は5月13日、新型コロナウイルスに関連する支援のため、病院やNPO法人にマスクなどの寄贈を継続するとともに、従業員マッチングプログラムを通じた寄付を行っていると発表した。

 支援のうち、マスクなど個人防護具の寄贈については、東京都品川区、千葉県、福井県、石川県など同社が操業する地域の病院に、N95マスク540枚、サージカルマスク5000枚、計5540枚を寄贈した。これらは、災害その他状況に対応するために同社が備蓄していたマスクとなる。このほか、NPO法人であるディーシップスミニに、不織布製の白衣、マスク、ヘアキャップの40セットを寄贈した。

 また、従業員マッチングプログラムを通じた寄付については、NPO法人であるアジアパシフィックアライアンス・ジャパンに、最低1万ドルの寄付を実行している。同プログラムは、有志の従業員が行った寄付に、会社が上乗せして寄付に追加する仕組みで、寄付金は医療従事者への支援に役立てられる計画となっている。