シール事業利益は24%減 バルカーの20年3月期

2020年05月14日

ゴムタイムス社

 バルカーの2020年3月期連結決算は、売上高は482億1200万円で前期比5・9%減、営業利益は42億1400万円で同24・9%減、経常利益は42億5600万円で同26・5%減、当期純利益は29億1800万円で同28・6%減となった。
 セグメント別では、シール製品事業は、先端産業市場・機器市場・プラント市場の各市場に向けた販売がそれぞれ減少し、売上高は320億7100万円、同4・5%減、セグメント利益は33億6000万円、同24・5%減となった。
 機能樹脂製品事業は、プラント市場向けが拡大したものの、先端産業市場・機器市場向け販売の減少により、売上高は130億8900万円、同8・6%減、セグメント利益は5億5400万円、同28・7%減となった。
 その他事業では、シリコンウエハーリサイクル事業の受託量が減少し、売上高30億5100万円、同8・5%減、セグメント利益は2億9900万円、同22・1%減となった。
 2021年3月期の通期連結業績予想は、新型コロナウイルス感染症による影響を現段階で合理的に算定することが困難であることから開示していない。

関連キーワード: ·