三菱ミラージュに新車装着 横浜ゴムのブルーアース

2020年05月14日

ゴムタイムス社

横浜ゴムは5月13日、三菱自動車工業が4月に国内で発売したコンパクトカー「ミラージュ」の新車装着(OE)用タイヤとして、「ブルーアースGT AE51」の納入を開始したと発表した。装着サイズは175/55R15 77V。

 「ブルーアースGT AE51」は「環境性能のさらなる向上+人に、社会にやさしい」をテーマとした同社のグローバルタイヤブランド「ブルーアース」の基盤設計や材料技術を採用し、走行性能、快適性能、環境性能の全てに優れる、高いグランドツーリング性能を持ったタイヤ。横浜ゴムは先進タイヤ技術「ブルーアース」テクノロジーを投入したタイヤの開発を積極的に進めており、「ブルーアース」シリーズのタイヤは最新のセダンやSUV、スポーティーカー、コンパクトカーなどに幅広く新車装着されている。

 「ミラージュ」は1・2Lエンジンを搭載した5ドア5人乗りのコンパクトハッチバックで、タイ、欧州、米国をはじめ、世界の約70カ国以上で販売されている。今回、フロント・リヤデザインを一新するとともに、予防安全装備の強化などの大幅改良を施している。

 

ブルーアースGT AE51

ブルーアースGT AE51

 

関連キーワード: ··