ガウンとシールド供給開始 三菱ケミが医療現場支援

2020年05月13日

ゴムタイムス社

 三菱ケミカルは5月12日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療現場での深刻な物資不足に対する支援を目的に、同社グループ保有の生産技術やノウハウを応用することでプラスチックガウンおよびフェイスシールドを開発し、子会社のジェイフィルムが供給する体制を整えたと発表した。月間生産能力はプラスチックガウンが2万枚、フェイスシールドが40万枚で、5月初旬より一部の医療機関への寄付を行い、5月中旬からは厚生労働省や一般の医療機関へも供給する。

 このガウンは、厚生労働省の指導を受けながらポリエチレン製の雨合羽を改良して開発したもので、袖口に親指を通す穴をあけ袖まくれを防止する機能を付与したほか、使用後にガウンを脱ぐ際の接触感染リスクを低減するため、背面にミシン目加工を施し容易に脱ぐことが出来る仕様となっている。加えて、1枚当たり100g以下と使用後の廃棄物削減にも配慮した。

 また、フェイスシールドは、食品包装トレーに用いるポリエステルシート製造技術と、化粧品ケース加工で培った折り曲げ罫線付与技術を応用したもので、透明性が高く、曇り防止機能を付与した製品となっている。使用者が自身で容易に切り抜き・組立てでき、輪ゴムにより簡単にサイズ調整できる。

 また同社グループでは、新型コロナウイルス感染拡大防止に貢献する製品として、アクリル樹脂板、透湿性フィルムなども提供しており、これらの製品を迅速かつ確実に提供できるよう十分な供給体制を整えていく。

 同社は今後も、政府の策定する行動計画に基づき必要な対策を実行するとともに、政府や業界団体をはじめとする関係者と連携を図りながら、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めていくとしている。

 

ガウン装着例

ガウン装着例

フェイスシールド

フェイスシールド