コロナ影響で減収減益 ブリヂストン1~3月期

2020年05月12日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンの20年12月期第1四半期連結決算は、売上収益が7522億3400万円で前年同期比11・3%減、調整後営業利益は498億2000万円で同39・3%減、営業利益は427億6300万円で同48・8%減、四半期利益は194億7400万円で同65・1%減となった。今期から国際会計基準を適用した。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、タイヤ需要がグローバル全体で大幅に減少し、減収減益となった。
 タイヤ販売本数については、乗用車用は同15%減で、新車用、補修用とも前年実績を下回った。トラック・バス用は同13%減で、日本の新車用と北米の補修用が前年実績を上回った。建設・鉱山車両用は、超大型が同8%減、大型が同21%減。18インチ以上の乗用車用は8%減だった。
 調整後営業利益の増減要因は、原材料が80億円、売値が70億円、営業費が50億円の増益要因となったが、数量が290億円、償却費が20億円、為替が20億円、その他が192億円の減益要因となり、合計322億円の減益となった。
 開示セグメントが今期から変更され、日本は、売上収益が1949億円で同9%減、調整後営業利益は140億円で同43%減。米州は、売上収益が3630億円で同9%減、調整後営業利益は302億円で同22%減。欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカは、売上収益が1426億円で同9%減、調整後営業利益は12億円の損失(前期は43億円の利益)。中国・アジア・大洋州は、売上収益が899億円で同25%減、調整後営業利益は48億円で同58%減となった。
 通期予想については、世界各国で非常事態宣言が発令され経済活動が停滞し、タイヤ需要が2月発表時の計画前提から大きく減少すると見込まれ、需要回復の時期や速度が見通せない状況であることから、業績予想を修正し、未定としている。

関連キーワード: ·