ゴム・ビニール手袋特集 ショーワグローブ 耐切創手袋でシリーズ拡充 新規市場の開拓にも取り組む

2020年05月18日

ゴムタイムス社

 ショーワグローブ(兵庫県姫路市、近藤修司社長)の19年12月期売上高は前期比3%減の246億円となった。「暖冬の影響もあり国内は防寒手袋を中心に苦戦したが、トータルでは横ばい。海外の売上が伸び悩んだことで減収となったが、グループ全体の売上はここ数年着実に伸長している」(同社)と捉えている。

 今期(20年12月期)は2月以降、新型コロナウイルス感染拡大を受け、使い切り手袋の需要が急伸。店頭では使い切り手袋だけでなく、綿製手袋や炊事用手袋を購入する消費者も増え、販売は広範囲に波及している。

 分野別では、前期の家庭用はやや苦戦したものの、主力で付加価値タイプの「さらっとタッチ」の売上は微増で着地した。

 家庭用は簡便で手軽に使いたいというニーズを受け、厚手タイプから中厚手、薄手タイプに需要がシフトしている。その中で、使い切り手袋

全文:約1124文字

ゴム・ビニール手袋特集 ショーワグローブ 耐切創手袋でシリーズ拡充 新規市場の開拓にも取り組む

キーワード: ·

技術セミナーのご案内

ゴムタイムス主催セミナー