独REIFF社を買収 ブリヂストンの欧子会社

2020年05月11日

ゴムタイムス社

 ブリヂストンは5月8日、欧州の子会社であるブリヂストン・ヨーロッパ・エヌヴィー・エスエーが、ドイツ南部でタイヤ販売を含む自動車関連サービスを提供しているREIFF・Reifen・und・Autotechnik(REIFF社)を買収する最終契約を5月1日に締結したと発表した。

 REIFF社は、Reiff、Netto、ABSのブランドで小売店網42店およびタイヤリトレッド工場1拠点を運営している。今回の買収により、ブリヂストングループは、ドイツにおけるタイヤ販売店網を拡充し、ソリューション事業をさらに強化していく。なお、財務的詳細は非開示で、株式取得は欧州当局の認可を取得次第、今年6月1日に完了する見込みとなっている。

 同社グループは、同社グループが持つ断トツ商品・断トツサービス・断トツサービスネットワークの強みとデジタル技術を組み合わせることで、社会・顧客の困りごとを解決し、新たな価値を提供するソリューション事業を進化させていく。欧州市場では、過去4年間に英国、フランス、ドイツ、スペインなどで買収や合弁によりサービスネットワークの強化を図ってきた。今回の買収も事業戦略に沿ったさらなる一歩となる。

関連キーワード: ··