新型コロナ検査車両を提供 豊田合成が東京都医師会に

2020年05月11日

ゴムタイムス社

 豊田合成は5月7日、新型コロナウイルスのPCR検査車両1台を東京都医師会に提供したと発表した。

 トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社との新型コロナウイルス感染症の医療現場を支援する取り組みである「ココロハコブプロジェクト」の一環として行ったもので、同車両は、感染軽症者の施設となる都内ホテルの近隣に配置し活用してもらう予定。

 この検査車両は、新型コロナウイルスの医療現場最前線での検査課題解決に貢献していきたいとの想いから、日頃同社が「電気で動く次世代ゴムeラバー」の医療デバイス等を共同で開発しているネットワークを活かして提案・実現に至った。車両の改造は特装車事業でノウハウをもつトヨタカスタマイジング&ディベロップメントの協力を得て実施した。

 同社は、今後も医療現場のニーズに応じて、より高度なモバイルステーションへの進化を目指して迅速に取り組んでいくとしている。

 

PCR検査車両

PCR検査車両

PCR検査車両

PCR検査車両

検査イメージ図

検査イメージ図