医療ガウン向け不織布供給 三井化学がコロナ医療支援

2020年05月03日

ゴムタイムス社

 三井化学は4月30日、医療現場で活動する医療従事者の新型コロナウイルス感染防止に向けて、医療用のアイソレーションガウンの原料である不織布の供給を開始したと発表した。

 同社では、不織布生産の主要工場である100%子会社のサンレックス工業にて、おむつ等の衛生材用不織布の製造ラインを活用し、医療用ガウン対応の不織布生産を開始し、月産1000万枚分以上の生産体制を確立した。医療現場へ最速最短で供給できるよう縫製メーカー等と連携し、100%国産化した医療用ガウンの早期確立に原料面から貢献する。

 新型コロナウイルス感染者数が増加する中、ほぼ海外からの輸入であった医療用ガウンは、世界的な感染拡大を受け入手困難な状況となっている。

 同社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対して、既にマスク用メルトブローン法不織布およびノーズクランプを供給し、国内マスク生産に大きく寄与しているが、現在のマスク不足解消のため、さらなる増産計画を進めることにしている。

 

サンレックス工業

サンレックス工業

アイソレーションガウンの一例

アイソレーションガウンの一例