成形品の一部終了響き減収 日東化工の20年3月期

2020年04月30日

ゴムタイムス社

 日東化工の2020年3月期業績は、売上高は76億900万円で前期比0・9%減、営業利益は2億1500万円で同10・8%減、経常利益は2億1700万円で同12・1%減、当期純利益は1億5200万円で同17・2%減となった。

 売上高については、ゴムコンパウンドでの受注は堅調に推移したものの、成形品での一部製品が販売終了したことによる影響等により前期比減収となった。また、利益面も固定費の削減や原価低減を推進したが、販売の減少影響等により前期比減収となった。

 ゴム事業全体の売上高は59億3300万円で前期比0・0%減となった。このうち、ゴムコンパウンドは、自動車関連の受注が堅調に推移し、売上高は前年同期を上回った。

 シート・マットに関しては、ゴムシートは受注が低調に推移し、前期を下回った。一方ゴムマットは、クッションマット及びその他製品の受注が堅調に推移したことから前期を上回った。以上により、シート・マット全体は前期を上回る売上高となった。

 成形品では、一部製品の販売終了の影響及びクッションタイヤで台風の影響により一時的に受注が減少したこともあり、前期を下回る売上高となった。

 樹脂事業全体の売上高は16億5200万円で同4・0%減だった。

 高機能樹脂コンパウンドでは、受注が低調に推移したことで、売上高は前期を下回った。

 樹脂洗浄剤等については、樹脂洗浄剤スーパークリーンの受注は堅調に推移したが、導電性樹脂ECXにおいて受注が低調に推移したことで、前期を下回った。

 なお、2021年3月期の業績見通しは、新型コロナウイルス感染拡大により、現時点における事業活動への影響を合理的に算定することが困難であることから、未定とした。

関連キーワード: ·